全身脱毛エステサロン口コミ
*
医療用レーザー脱毛
全身脱毛エステサロン口コミ > 永久脱毛特集 > レーザー脱毛で失敗しないために

レーザー脱毛で失敗しないために

「早い、安い、痛くない」を、さかんに広告されているレーザー脱毛。確かに、上手におこなってくれる医療機関で受ければ、短時間で広範囲の脱毛を受けることができます。例えば「両わきで10分程度」なら、当然値段も安くなります。その反面「早い、安い」を追求するあまり。価格競争が激しくなりすぎて、経営が上手くいかないサロンやトラブルを多く抱えるサロンもあるので、注意しましょう。

レーザー脱毛は熟練の医師がいる医療クリニックで

熟練していない施術者がおこなったことによって、脱毛後がやけどのようになり、シミが残ってしまったという人もいます。レーザーは短時間で広範囲にかけるので、やけども広範囲に及びます。ひどい場合は、両腕、両足がすべてシミだらけになったというケースもあります。シミは何年かたれも薄くなりますが、その間の苦痛は相当なものです。なので、施術後の万が一の対応をする医師がいる医療クリニックが安心です。

また毛が減らないというケースもよくあります。レーザー脱毛は、レーザー光で毛と毛母細胞をやくわけですから、皮膚にも光は当たります。光を強く当てれば皮膚がやけどをしますので、それを避けるために弱く当てれば、今度は毛が減りません。それがレーザー脱毛の難しいところです。大手の医療サロンでは、日本人の肌質にあった最新のレーザー機器を導入しています。そういうところで受けるのも安心です。

レーザー機器は高額なので、導入するには費用がかかり、そのいっぽうでが脱毛料金のダンピング合戦が激化するばかりです。レーザーは購入したのはいいけれど、なかなかもとがとれないサロンやクリニックも多いのが現状です。そいう施設はレーザーに適した肌質以外の人にもすべてレーザーを当ててしまう悪質な施設もあります。安心できるレーザー脱毛はネットでも評判のよい施設を選ぶといいです。

医師が肌を見ながら脱毛プランを立てる

レーザー脱毛で目立つのが、短期間に何度もレーザーを当てすぎたことによるトラブルです。最近では、2年間フリーパスなどといって、はじめにある程度の金額を支払えば、その間は何度でもレーザーを受けられるというようなシステムをとっているところがほとんどです。受ける側は、少しでも毛が生えたらまたレーザーを受けに行ってしまいます。しかし、一度レーザーを当てた肌は、毛穴の奥にしばらく炎症が残っています。毛根を焼いたのですから当然です。その炎症が回復しないうちに次の施術をおこなうと、あとで毛嚢炎(毛穴がニキビのように膿んでくる)を起こすことがあります。

では、施術の間隔はどのくらいあければよいのかというと、肌質によって違いますし、レーザーの種類や出力にもよるので一概には言えません。しかし、一度起きた真皮の炎症というものは、長い場合、2年くらい残ることがあるので、かなり慎重にならないといけません。毎回皮膚を診察しながら医師が脱毛プランを立ててくれる医療移設がおすすめなのはいうまでもありません。

レーザー脱毛が得意な医療クリニックはこちら≫