全身脱毛エステサロンと医療脱毛の料金・効果
*

効果的なセルフケア

全身脱毛するには、毛のしくみや再生メカニズムを知ることは大切です。
しつこいムダ毛の正体を知って効果的な処理方法をみつけましょう。

体毛が多いとか、濃いとかで悩む女性はたくさんいます。
見た目がよくないと言うので悩んでしまうのでしょうが、体毛は役目があって生えているのですよ。
人間の体の皮膚には全体で100万~150万本の毛が生えているといわれています。
体毛は、外気の寒さや刺激から身体を守る役目をしているのです。
また、体温が上がり過ぎるのを防ぐためにも、汗で熱を放出させるときにも、体毛は役立っています。

みなさんは、毛の構造を知っていますか?
毛は表皮の上の部分を「毛幹」、下の部分を「毛根」と呼び、毛根部の一番下の膨らんだ部分は「毛球」でこの先端部にある毛乳頭が毛細血管から栄養をとりこんで、毛を成長させます。つまり、毛乳頭の毛母部分が毛髪の発生や成長を司っているので、毛母細胞がある限り、抜いても毛は次々と生えてくるのです。

ムダ毛の濃さは性ホルモンの影響

ムダ毛が生える部位や密度、毛の太さ長さには個人差があります。
生える毛の数は、一定量決まっているので後で増えることはありません。
でも、男性ホルモンの影響で毛が濃く、太くなることはあります。
男性ホルモンが毛乳頭を刺激し、毛母細胞の分裂を促進させ、成長スピードを速めるのです。
女性ホルモンの働きが衰える更年期に、体毛が濃くなるのはこのため。
反対に女性ホルモンはムダ毛の発生や成長を抑える作用があるのです。
豆乳ローションがムダ毛抑制に効果的といわれているので、全身脱毛のアフターケアで使用するとよいでしょうね。

部位ごとに異なる毛周期と生える方向

身体の中で一番毛周期が長いのは頭髪で、10日間に3~4ミリ伸びて3~4年間で退行期に入り、自然と抜けます。平均1日に50本は自然と抜けていくようです。
眉毛は毛周期が短い部位のひとつで、3~4ヶ月で生えかわります。
あごは、約3ヶ月。
手足は自然に抜け落ちるまでの期間は長いのが特徴で成長期は約3ヶ月~半年。ワキの下も成長が早いですが、一度抜いた毛が生まれかわるのは約4ヶ月と以外と遅い。ビキニラインもワキの下とおなじ早さ。

また、毛の流れを知ることも、ムダ毛処理には重要。
毛は生えている方向に引っ張ると抜けやすいですが、逆方向だと毛穴が押し広げられ、細菌が入って炎症をおこしてしまうこともあり。
腕や脚の毛は脱毛しやすいですが、ワキの下やビキニラインは毛の向きがバラバラなのできれいに処理するのは難しいようです。